Q&A

ここ東京には、皆さんそれぞれのニーズに逢う様な沢山のプリスクールがあります。
セサミ インターナショナルプリスクールでは、”自分のおうちからセサミのおうちへ”というような、安心感、安らぎ感を与えられる環境となっています。
その中で、いろいろな事、お家だけでは学べない様々な経験が出来る様になされています。
セサミでは、どのようなことが出来て,どのように学んでいるのか、皆さんからの質問にお答えします。

DSC_0863

セサミの特徴は何ですか?

ほとんどの方々から「おうちの様にリラックスできる感じ」だと言われています。というのも環境はもちろんスタッフ全員の心からの温かさから来ています。セサミ インターナショナルプリスクールは、子供達の「セカンド・ホーム」なのです。
また、あわせてセサミでは、その他のスクールには無いカリキュラムを提供しています。その可能性は無限大です。その可能性をさらに広げていくのは、「さまざまなたくさんのチャンス」にあるのです。ですからセサミでは、出来る限りのたくさんの経験が出来る様にしています。ジオグラフィー、サイエンス、アート、クッキング、またスペシャル・テーマデイを取り入れ、子供達の興味、知識を広げるカリキュラムとなっています。

セサミのカリキュラムについて教えて下さい。

セサミ インターナショナルプリスクールのカリキュラムは、広範な英語教育(フォニックス・マスマティックス等)は、もちろんですが、それだけではありません。日ごとに違う「サブジェクト、サイエンス、アート、フィジカル、エデュケーション、クッキング、またスペシャル・テーマデイ」を行い英語にいろいろな科目の「スパイス」を併せ、幅広く学べるようなカリキュラムとなっています。

まだ小さな子供に難しそうなカリキュラムだけど可能ですか?またどのようにして子供達は学んでいるのですか?

第一に子供達の教育理念は、The Word “SESAME”に基づいています。

main_image55
そこで、まず子供達が学校で快適さや心地よさを感じることにより、学ぶ事に意欲を保ち、様々なトピックやアイデアを覚えていく事が出来るのです。
というのも子供達は皆、学ぶ事、新しい事を覚えていく事が大好きであり、どんどん吸収していきます。小さな頃から学んだ、経験した事は一生涯残り、確かに身についているのです。楽しみながら自然と学んでいく事は、今後の人生に新たな可能性を広げていくチャンスなのです。

セサミ インターナショナルプリスクールを卒業した後の主な進学先はどこですか?

    • セサミ インターナショナルプリスクールを卒業さらたほとんどのお子さんは、インターナショナルスクールに進学されています。9割がインターナショナルスクールに進学、1割のお子さんが転勤で海外や日本の小学校に行かれています。
      主な進学先のインターナショナル・スクールは下記の通りです。
      ■セント・メリーズ インターナショナルスクール
      ■聖心 インターナショナルスクール
      ■清泉 インターナショナルスクール
      ■ブリティッシュ・スクール・イン・東京
      ■東京国際フランス学園(リセ フランコ・ジャポネ)
      ■モンテッソーリ・スクール・オブ・東京
      ■カナディアン インターナショナルスクール
      ■ジャパン インターナショナルスクール


また、日本の私立小学校は、
■白百合学園
■青山学院初等部
■東京学芸大学竹早小学校
■東京女学館 など となっております。

日本の私立幼稚園は、
■若葉会幼稚園
■枝光会付属幼稚園
■白金幼稚園 など となっております。

 

その他の質問より

2歳の子供がいます。アートのクラスでマスターピース、名画をどうやって学んでいるのですか?

クラスでは様々な方法を用いています。例えば、画家の作品のポスターカードを使って、まず子供達に「何が見える?何色がある?いつ頃の季節だと思う?」といった質問をし、子供達にその絵のストーリーを創らせます。その後、作家の名前やどこに住んでいたのかといった事を話します。すると子供は絵に対し興味をさらに広げていきます。また、ジオグラフィーの日に、その画家の生まれた国について学んでいくという形で全てにリンクして学んでいくので、ごく自然に身についていくのです。基本的には、アーティストの誕生日を基本に毎月プランされ、以上のような事を学ぶとともに、お誕生日をお祝いしたりします。ミケランジェロのお誕生日(3月6日)が誰かと同じ日だったり、近かったりしたら興味を持つし、ごく自然に覚えられますよね。

セサミには週何日から入学できますか?

週2日~週5日と可能になっています。
週1日の場合ですと、明らかに上達の速度が違ってきます。週5日いらしているお子さんは、毎日新しいことを学んでいくチャンスがあり、また新しい学んだ事を実際に挑戦できるチャンスがたくさんあるからです。特に月曜は、ジオグラフィー、火曜日はサイエンスといった曜日ごとに違うカリキュラムがありますので、機会の多い方が、お子さんの可能性を広げていく事になります。

入学に際して何か条件はありますか?両親ともに日本人の子供でも入れますか?

国籍に制限はありません。セサミ インターナショナルプリスクールでは本当の意味でのインターナショナル(国際化)をモットーにしているので、なるべく沢山の国の子供達が入学出来るようにしています。セサミでの「多様化された国際社会」によって、小さなころからグローバルな考え方が育っていく事を信じています。

何歳から入学できますか?

セサミ インターナショナルプリスクールでは、言語、教育にもっとも適している子供が参加出来るさまざまなクラスを揃えています。まず基本は、1歳から6歳までの「プリスクール」。 プリスクールエイジ前後のお子さんのクラスとして、6か月からスタート可能な「ハローベイビー(ベイビークラス)」、1歳前からスタートできるファーストステップの「マミー&ミークラス」また、プリスクール卒業後から10歳くらいまでのお子さんのブラッシュアップの為の「アドバンテージクラス」があります。そのほか、プリスクールに入学する前に少しずつクラスに慣れていけるような短時間(1時間~)参加可能な「ファンクラブforトドラー」や、日本の幼稚園に通われているお子さんのために、英語をたのしく学んでいけるプリスクールへのクラス参加(3時間)が可能な「ファンクラブ」や「キッズランドクラブ(アフタヌーンプログラム)」などがあります。 詳しくは”クラス紹介”ならびに”その他のプログラム”をご覧ください。

スクールランチはありますか?

あります。セサミ インターナショナルプリスクールでは、「食育」も重要視していますので、バランスのとれたメニューであることはもちろん、噛む事等、全ての子供の発育に必要な要素を考慮しています。と同時にそれぞれのニーズに合う様にアレルギーや宗教上によるメニューも取り揃えています。

セサミでは、英語はアメリカ英語?それともイギリス英語?

基本的には、アメリカ英語を使用しています。しかしながら子供達はもちろん教師もさまざまな地域から来ているので、ベースをアメリカ英語にしながらも、英語を母国語とするその他の国の絵本、テキスト等も取り入れています。特に世界では全ての国の人々が英語を話す時代です。セサミ インターナショナルプリスクールの子供達には、偏る事無くさまざまな英語を理解し、自然にコミュニケーションが図れる様に、たくさんの経験の場を与えています。

最近の記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る